ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

てとてと市@飯能・観音寺

f0378053_23000343.jpg

 器が美味しさを引き立てる…。この器、10/10に埼玉県飯能市で開催された「てとてと市」に出店していた陶芸家・荻野君の作品。見た瞬間にお刺身や肉を並べたいと思って買った。荻野君はてとてと市の主催者でもある。ちなみに器に乗っているのは秋刀魚。アトリエの楓を飾って…。

f0378053_22591919.jpg

 写真を撮り忘れちゃったのも多いんだけど、撮ったものだけでもご紹介しますね。てとてと市は飯能市の観音寺で行われていて、今回で7回目だそう。出店者は知り合いばかりで、個人的には和む空間。良い意味で、狭い参道が賑わいの空気感を強調させていて、とても良い雰囲気だし、クオリティの高い作家さんたちが集まってる。入り口から近い所に出店してたのはお馴染みのキクちゃん。僕は彼女の器のファンで、アトリエにはキクちゃんの器が色々ある。12月にはクレープコロモでも展覧会を検討してくれてる。

f0378053_22592599.jpg

あれ?…森さんじゃん!最近あちこちに出店してて、新作も色々と作ってる。流木に卵の殻を張り付けて、色付けをして、植物を植えてる。アトリエの入り口に欲しいなぁ…と、ちょっとアピールしてきた。

f0378053_22593946.jpg

イベントに欠かせない菅野君。僕も以前に似顔絵を描いてもらった。彼の絵はどことなくアメリカンな雰囲気もして人気がある。レコードジャケットも描いてるけど、どれもカッコイイ!僕のバンドのも描いてほしい…。

f0378053_22595294.jpg

飯能に店を構えるリファクトリーのワタナベ君。やっぱり良いもの出してるなぁ…。木箱が欲しかったんだけど、時間が無くて断念。最近お店の入り口を改装して、更にオシャレ度アップ!見てるだけでも楽しいね!

f0378053_22594556.jpg

あ、やっぱり居たいた!マルポーのクンちゃん。クンちゃんの古道具はガラクタって呼んでる。このガラクタが最高に素敵なんだよね!いつもニクイものを扱ってて、しかも安値!今日も欲しい椅子があったんだけど、後日に・・・。

f0378053_22595796.jpg

彼らがいないと始まらない!シンハのゲンちゃんとリカちゃん。いつもシンハの料理を食べたくて仕方がない。彼らは定期的に現地に行って、タイ料理を学んでくるんだよね。だから味もどんどん進化してるし美味しい。今日はラム肉が乗ったタイラーメンをいただきました。毎日食べたい!

f0378053_22593395.jpg

そして彼が荻野君。冒頭の器の作者。ちょっと古代っぽい雰囲気の模様や色を付けてるのが彼のシンボルになってるかもね。でも色々な雰囲気の器を作ってる。実は飽きっぽくて同じものをたくさん作れないんだって…。僕と同じだ…。

f0378053_23000809.jpg

これも荻野君の器。大きさ、形、手触り、とてもバランスが良くて使いやすい。お客さんがアトリエに来たときには、色々な作家さんの器でお茶や珈琲を出してるんだけど、やっぱりみんな喜んでくれる。作家さんの器っていいよね。










by studiofumine | 2016-10-10 23:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://stfumine.exblog.jp/tb/26328138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Japan Vintage に... 肌寒くなってくると珈琲が美味しいね >>