ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

第一回 ワイ・ガヤ展のお知らせ 12/11-20@立川

f0378053_01035498.jpg
立川で開催されるグループ展「第一回 ワイ・ガヤ展」のお知らせです!

赤坂での個展を終えて、青梅でも二人展を開催しますが、同時期に立川でのグループ展にも参加します。
このワイ・ガヤ展は第一回という表示になっていますが、実は以前に何年も開催されていたグループ展の復活バージョン。僕もずっと参加させていただいていました。

主催は僕の師匠である赤川ボンズ氏の奥様、さとうその子さんです。DMの絵はその子さんの作品です。ご存知の方も多いかもしれませんが、その子さんの作品は学校の教科書の表紙にも使われていたり、海外にも設置されていますので有名ですね。

この展覧会には、毎度、クラフト界の重鎮が名を連ねていて、僕が駆け出しの頃からお世話になっている方ばかり。先輩方の作品はどれも素敵で刺激的。同じステージに作品を並べるのは今でも緊張してしまいます…(^^; ワイワイ、ガヤガヤと、賑やかで楽しい作品が並ぶグループ展に是非お越しください!


第一回 ワイ・ガヤ展
12/11(日)~20(火) 11:00~18:00 水曜定休
場所 ART ROOM 新紀元 立川市曙町2-7-21 OSドラッグが入っているビルの4Fです。
電話 042-528-6952
11日は15:00からOPEN 17:00~オープニングパーティー
f0378053_01040047.jpg

[PR]
by studiofumine | 2016-11-30 01:45 | 展覧会情報 | Trackback | Comments(0)

持田史人・大通紗耶賀 二人展のお知らせ 12/13-18@青梅

f0378053_12023585.jpg
赤坂の次は立川と青梅での展覧会です。まずは青梅からご紹介します。

地元の方はよくご存じのワイン食堂BOULEVARD(ブールバール)。洋風創作料理が人気なブールバールは、ワインに合う日替わりのメニューがリーズナルブに楽しめます。ランチタイムにはカレーメニューを揃えていて、スパイスの効いた本格的な味を堪能できます。今回、コチラのお店で二人展を開催いたします。

二人展の相方である大通紗耶賀さんは不思議な色遣いの絵を描いています。心の内側を描いたような彼女の絵は僕の作品とも相性が良く、良い意味で複雑な、そして幻想的な表現が魅力的です。今回はそれぞれが想像する夜を創作します。お互いの波長が、店内をいつもと少し違うファンタジーな空間に演出いたします。お誘いあわせの上、是非お越しください!


持田史人・大通紗耶賀 二人展 -夜ー
12/13(火)-18(日)、2016

場所 ★Boulevard (ワイン食堂ブールバール)

東京都青梅市河辺町10-1-12 電話 0428-84-0342
営業時間 11:00-15:00(ランチタイム)、18:00-23:00(ディナータイム)、日曜日は22時まで
お車でお越しの場合は近隣の有料駐車場をご利用ください

f0378053_12024229.jpg
f0378053_13064478.jpg
コチラ、ブールバールのランチで出しているカレーの1つ、オマールエビのスープカレー。素揚げした鶏肉や野菜を、オマールエビをベースにしたスパイシーなスープと一緒にいただきます。サラダもたっぷり付いてきて800円という破格値!その他、人気のドライカレーやバターチキンカレー、カツカレーなどもあり、時にはタイカレーやハヤシライスなど気まぐれのスペシャルメニューも並びます。夜はワイン食堂になり、ガラッとメニューが替わりますので、昼も夜も気分を変えて楽しめますよ♪

[PR]
by studiofumine | 2016-11-29 09:00 | 展覧会情報 | Trackback | Comments(0)

後片付けとリハビリ

f0378053_21323638.jpg
個展が終わり翌日、購入していただいた作品の発送準備や荷物整理…。1週間ぶりにアトリエで珈琲を淹れて、休憩をはさみながらノンビリ。

f0378053_21331421.jpg
そう言えば,
赤坂見附からギャラリーに行く間に気になるコーヒー屋さんがあったっけ。時間が合わなくて入らなかったけど、いつも焙煎の良い匂いが漂ってた。

f0378053_21332036.jpg
それからコチラはタバコ屋さん。世界のタバコが置いてあって、葉巻なんかも色々あった。僕は煙草を吸わなくなって20年くらいになるけど、葉巻を1つ買ってみた。と言うのも、知人がいつも香りの良い葉巻を吸っていて、なんとなく情緒があっていいなと…。パッケージも可愛いしね♪

f0378053_21332797.jpg
僕が買ったのはバニラの香りのフレーバータイプ。珈琲を飲みながら火をつけてみたけど、うーん…、好みじゃないみたい…(^^;
でもいつもと違う気分を楽しめたのでOKにしましょ。

f0378053_21325966.jpg
さて、展覧会モードから日常に戻るためにはリハビリが必要です。ということで日常に戻るリハビリその①。

f0378053_21330695.jpg
日常に戻るリハビリその②。

f0378053_10425282.jpg
リハビリその③。

つづく・・・


[PR]
by studiofumine | 2016-11-28 21:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

個展を終えて / カフェギャラリー・ジャローナ@赤坂

f0378053_11050548.jpg
個展「あしあと」にお越しいただいた皆様、ご来場ありがとうございました。お陰様で有意義な個展になりました。

個展の開催は数年ぶりでした。というのもここ数年は看板や表札などの注文制作が忙しくなったこともあり、展覧会のタイミングを逃してきました。今回お世話になった赤坂のカフェギャラリー・ジャローナさんには、2年程前からアプローチをいただいていたこともあり個展を開催するに至りました。お声掛けいただかなかったら、うっかり何もせず過ぎてしまっていたかもしれませんね…(^^; 銅板造形20年目の節目ですから、開催出来て良かったです!本当に感謝です!

f0378053_11052938.jpg
ご来場の方々が写真を撮ってくださったので、僕はうっかり撮り忘れ…、というか、お任せ…。会場はこんな様子で、シンプルで落ち着いた雰囲気でした。

f0378053_11053504.jpg
真夜中のコーリー。これは最新作ですね。以前に「飛べないカエル」というのを造っていますが、これは飛べるカエルです。月夜に飛びまわるコーリーは何を見てきたのでしょうか…。

f0378053_11054225.jpg
これも最新作の「ニューヨークの街角で」。先進国に吹き荒れる恐慌にたたずむ紳士を描いています。

f0378053_11060441.jpg
なかなかブログを書けず、個展のご紹介も簡単になってしまいますが、たくさんの方にご来場いただいて有意義でした。初日にはいくつかのお花やアレンジメントもいただき、会場が華やかになりました。19年のあしあとを辿る内容でしたが、いつの間にかストーリー仕立ての作品が定番になり、ご来場いただいた方々からの言葉からもそれが僕のイメージとなっていることを認識しました。師匠である赤川ボンズ先生に憧れて突き進んできましたが、少しだけ師匠に近づけた気がしました。

f0378053_11061001.jpg
19年を振り返ると様々なことがあり、何よりも多くの方々に支えていただいたことが思い出されます。地元青梅での文化活動でもたくさんのスパイスをもらって、それが作品に反映されてきましたし、様々な人間関係の中で成長させられてきました。現在では制作に対する迷いも無いですし、自分でも逞しくなったなと思いますね。僕は軟弱でしたから…、いや、今でもそうですね…(^^;

f0378053_11075153.jpg
今後も引き続き今までの路線で制作していきますが、僕の頭の中には新たなイマジネーションが芽生えています。それを少しずつ作品に反映しながら創作活動を進めていきたいと思います。皆様、今後ともどうぞ御贔屓に!

そうそう、先日は初雪でしたね。11月の雪なんて珍しい。青梅の森に住む熊たちが無事に冬眠に入れるのか心配です…。

f0378053_11080518.jpg
今回お世話になったカフェギャラリー・ジャローナさんの「とろとろねぎの角煮丼」。美味しかったー♪

[PR]
by studiofumine | 2016-11-27 23:58 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 看板完成

f0378053_10421783.jpg
ダンダダン酒場の看板、作業最終工程。クリア塗料でコーティングした文字や餃子オブジェをボルトで止めていきます。

f0378053_10422388.jpg
ボルト止めの後、ボルトの頭を銅のキャップでカバーします。使うのはシリコンボンド。

f0378053_10422910.jpg
こんな具合にカバー。ボルトが直接見えない方が綺麗ですからね。後々には黒ズミが増して、雰囲気が一体化します。コーティングしてあるところだけが浮き出て見えるようになってきます。

f0378053_10423429.jpg
定番のサインを付けて・・・

f0378053_10423991.jpg
完成です!
肉汁がしたたるダンダダン酒場の看板制作日記でした!


f0378053_10424394.jpg
びんちょうマグロを、オリーブオイル、オリーブ、ニンニクであえて・・・
完成祝いの晩酌♪

[PR]
by studiofumine | 2016-11-21 23:41 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

看板制作終盤

f0378053_18591209.jpg
出来上がった餃子オブジェを耐水ペーパー(紙ヤスリ)で擦って、ハンマーで付けたツチ目を出します。水に濡らしながら擦っていきます。特に真鍮で造っている肉汁の部分は、擦って磨いていくと艶が出て良い雰囲気になります。耐水ペーパーは400~600番が良い感じですね。

f0378053_18591881.jpg
はい、こんな感じに仕上がりました。

f0378053_18592622.jpg
仕上がった餃子と文字を看板のベースに置いてみて、バランスを見ます。

f0378053_18593218.jpg
看板ベースの銅板に餃子と文字を止めるネジ穴を開けます。

f0378053_18593894.jpg
文字と餃子にはクリアー塗装。油性の丈夫な塗料を使います。看板は雨風や紫外線にさらされますからね。

・・・続く。

[PR]
by studiofumine | 2016-11-15 23:58 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

街の裏路地、冷たく乾いた風が吹き荒れる…

f0378053_01455270.jpg
いったいどれだけの犠牲を払えばいいのだろう
希望が見出せない 葛藤と諦めの日常
どれだけ力を注げば解放されるのか
そうこうしてるうちに
社会は崩壊していく

新聞の見出しは法案の強行採決
代償は子どもたちの貧困や格差
冷たく乾いた風が心に突き刺さる
生きていくだけで必至だ

--------------------------------

…こんなことを思いながら造りましたが、それにしても生きていくのが大変な社会ですね。心が病んでしまうのも無理はなく、今後はもっと状況が悪化するでしょうね。

街の裏路地、冷たく乾いた風が吹き荒れる中、銅ガエルのコーリーは新聞を片手に立ちすくむのでした…。


[PR]
by studiofumine | 2016-11-13 23:59 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

餃子制作

f0378053_01211141.jpg
型紙を基に銅板を切って、ハンマーで荒らします。

f0378053_01211840.jpg
淵を折り曲げて・・・

f0378053_01212557.jpg
叩いて折り込む・・・

f0378053_01213094.jpg
シワを付けていく・・・

f0378053_01213550.jpg
真ん中を叩いて膨らませてから、溶接でパーツを足していきます。溶接痕を大袈裟に残す方が雰囲気が出ます。

f0378053_01214129.jpg
はい!餃子の出来上がり♪




f0378053_01214728.jpg
今日のランチは福生市民体育館前にあるラーメン太郎へ。ここに来たのは27年ぶり。と言うのも、高校の同級生の実家なんです。今年に入ってからフェイスブックで高校の同級生と繋がる機会が増えて、なんだか嬉しいような恥ずかしいような複雑な気持ち…。ラーメン太郎が実家のカッちゃんとは一緒にバンドをやっていた仲。気が知れた友人だったせいか、久しぶりの再会でも自然な感じだった。お互いの思春期を知ってるって、面白いね。

味噌バターコーンラーメン、高校生の時によくここで食べてたから懐かしくなって頼んだんだけど、美味しかった♪オジサンもオバサンも、それなりに病気をされたみたいだけど、お元気で、若々しくて変わってなかった。また行きますね!

f0378053_01215155.jpg
あ、そうそう、手づくり餃子も美味しかった!

[PR]
by studiofumine | 2016-11-12 23:59 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

切り文字に土台をつける

f0378053_23113977.jpg
看板ベースに直接溶接するとベースの銅板が歪んでしまうし、熱を加えることでなまって(軟らかくなって)しまうことも避けたいので、切り文字に土台を溶接して土台と看板ベースをボルト止めします。

f0378053_23114819.jpg
土台が付くとこんな感じ。

酒場に行きたい・・・

f0378053_23115698.jpg
看板ベースの上に置いてみる。全体像が見えてきましたぞ!

そう、お気づきの方もいたと思いますが、これはお馴染みのダンダダン酒場の看板です♪このあとは餃子のオブジェを制作します!

[PR]
by studiofumine | 2016-11-10 23:28 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

真鍮切り文字 / ワイン食堂「BOULEVARD」

f0378053_12071278.jpg
切り文字が出来てきました。漢字が多いと切る作業に手間が掛かるけど、やっぱり漢字はカッコイイね!

f0378053_12070886.jpg
文字を浮かせるために銅棒を溶接しています。これもまた1つひとつ地味な作業…(^^;


f0378053_12070283.jpg
JR青梅線河辺駅北口にあるBOULEVARD(ブールバール)はワイン食堂。オーナーのタクム君は数々の修行と経験を重ね、一年半前にお店をオープンさせた。ランチも夜も営業していて、夜は世界のワインとオーナーの数多い一品が楽しめる。一品も日替わりが色々とあって、常連にも飽きないように工夫されてるから嬉しいね。ワインはリーズナブルなものから高級なものまで、要望に合わせて出してくれるから、ワイン好きの人は色々と試したくなるだろうね。

画像はランチのオマールエビをベースにしたスープカレー。素揚げした野菜や鶏肉をカレースープにつけて食べる。カレーフォンデュみたいで良いね!カレースープをかけて食べるのもGOOD!
ランチはカレーを出してて、スープカレーの他にもバターチキンカレー、ドライカレー、カツカレーなんかもあったり、時には気まぐれで色々なカレーを出してる。これらもみんな800円からという、今時このクオリティでは有り得ない価格で出してるんだよね。まだの方、是非お試しあれ♪

[PR]
by studiofumine | 2016-11-09 23:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)