ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

とあるお店の看板制作進行中 その2

f0378053_00403042.jpg
看板のベースをフレームに合わせて造ります。銅板の繋ぎもリベット止めにして、この部分には一切火を掛けません。



f0378053_00403417.jpg
リベットで繋いだベースは、ボルトでフレームに固定する仕組みです。いよいよこの上にオブジェや切り文字が乗っていきます・・・





[PR]
by studiofumine | 2017-05-24 00:45 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

とあるお店の看板制作進行中

f0378053_22275630.jpg
色々と同時進行で制作を進めていますが、現在のメインはとあるお店の看板です。オープンが近いので急がなくてはなりませんが、作業は落ち着いて進めています。


f0378053_22280066.jpg
いつものようにフレームを造るところからのスタート。お馴染みの丸パイプを叩いて角パイプにする作業です。以前にもご紹介していますが、既成の角パイプでは雰囲気が出ないことと、叩いて造る方が丈夫になるので丸パイプを使います。とても時間の掛かる作業ですが、作品ですから妥協はしません。

f0378053_22280773.jpg
ネジ意外には既製品を使いません。金具類も全て手づくりです。


f0378053_22281395.jpg
角パイプに加工したパーツと金具類を溶接して組み上げます。銅は火を掛けると軟らかくなるので、冷却後に叩いて❛かしめ❜なくてはなりません。平行や垂直を確かめながら丁寧にかしめていきます。フレームができたら、次は看板のベースになる銅板を加工していきます・・・



f0378053_22282059.jpg

[PR]
by studiofumine | 2017-05-22 22:50 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

オルゴール展 / とおりゃんせ(桐生市)

f0378053_02420452.jpg
群馬県の桐生市にあるギャラリー「とおりゃんせ」で、23回目のオルゴール展が開催されます。実はオーナーには僕が駆け出しのころからお世話になっています。まだ作品も少ししか造れない頃、よくグループ展に誘っていただいてました。あれからもう20年です…(^^;

この度、久しぶりに出展のお誘いを頂きまして、直ぐに参加のお返事をしました。オルゴールの曲は「雨に歌えば」を選びました。あの映画も大好きで、アトリエでよく観ているんです。

f0378053_02420915.jpg
オルゴールの音が豊かに響くように木箱を使い、周囲に木板のように加工した銅板を貼っています。オルゴールから木箱に音の振動が伝わり、木箱からカエルに伝わり、カエルの胴体が空洞なことと銅板の重みも相まって音が増幅されます。今までにもオルゴールを使った作品は何度も造っているので、音の響き方もある程度解ってきました。

これから梅雨の季節を迎えますね。雨に歌えば、良い感じでしょ♪

宜しかったら展覧会会場に足をお運びくださいませ♪



第23回オルゴール展

2017. 5/21-6/18
ギャラリーとおりゃんせ
営業時間12:00-19:00
〒376-0045
群馬県桐生市末広町8-20
TEL : 0277-22-8777



[PR]
by studiofumine | 2017-05-17 03:22 | 展覧会情報 | Trackback | Comments(0)

佐藤邸/表札

f0378053_16471333.jpg
東京都青梅市の佐藤邸に表札を設置しました。

佐藤邸はドアやドアノブ、外灯や枕木を使ったエントランスなど、玄関口だけでもこだわりの建具やアイテムが随所に散りばめられています。


f0378053_16471887.jpg
植物が大好きな奥様のご要望もあり、ツタをあしらったデザインにしました。文字は飽きの来ないシンプルなものに。


f0378053_16470512.jpg
植込みの植物が育って来たら更に良い感じになっていきそうな佐藤邸。表札も2か月もすれば黒ずみが増して、風合いが良くなると思います。夜の外灯に照らされた表札も情緒がありそうですね♪

[PR]
by studiofumine | 2017-05-14 16:57 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

ツタ

f0378053_00495084.jpg
表札の装飾に使うツタ。
いつも葉の種類を変えたりして楽しんでます。

[PR]
by studiofumine | 2017-05-07 00:52 | 仕事 | Trackback | Comments(0)