ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

超山田堂に超ビックリ!

f0378053_01570941.jpg
12月に行うライブの打ち合わせに、国分寺モルガーナへ。このライブハウスでやるのは20数年ぶりかも…!国分寺駅も改装してずいぶん都会的になったね。ロータリーも大きくしてるのかな?昔の面影が無いほど都会的!

でも、少し離れれば昔のままの道、そして面白そうなお店たちが並ぶ。美味しそうなお店もチラホラ…、なんだかいいなぁ♪若者が国分寺に住みたいと言うのが分かる気がする。そして学校もいくつかあるから、学生もいっぱい歩いてる。

f0378053_01571583.jpg
そうそう、ココ!ココ!

ここから地下に降りて行くんだっけね!

モルガーナ店長の山口さんは以前にステージで御一緒したりしてたから、打ち合わせもリラックス♪今では、この界隈で爆音が出せるライブハウスはココだけ。ライブハウス経営も色々と厳しいとか…。モルガーナは1982年からやってるから、これからもずっと歴史を重ねてほしい。僕が高校生の時によく出演させてもらってたんだよね…(^^; 甘く苦い青春時代だった…。


f0378053_01572124.jpg
この看板だけでもインパクトがスゴイのに、超山田堂っていう店名が更にスゴイ!これはモルガーナが入っているビルの上にある中古CD屋さんなんだけど、店長の山田さんは更にスゴイ人物だった!いわゆる三多摩ロックっていう言葉があった時代からロックを愛するロックの伝道師!ちょっと聞くと、いっぱい情報が出てくる強者でした!ちゃっかり交渉して、僕らの12月のライブに来ていただくことに!多摩近辺のロックの歴史や裏話などをインタビューさせていただけるかも!これは興味深いね!

f0378053_01573188.jpg
超山田堂の店内の一部。なんだか凄いでしょ!(^^;何がどこにあるのか分からないほどモノがいっぱい!革ジャンとかもあって、帰りたくなくなっちゃう…(^^;

f0378053_01572616.jpg
右が店長の山田さん。物静かな雰囲気とは裏腹に、ロックに熱くロマンチストな方でした!左はいつもお世話になってる化学反応のシユウさんね。この二人が話し出すと永遠に続きそうで面白い♪三多摩ロックの文献とかもあまり無いみたいで、やはり山田さんやシユウさんみたいな、その時代を生きてきた方に語り継いでいただくのが必要だと思ったな。ロックに育てられた…、そんな感じの若者がいたり、ロックにのめり込んで夢やロマンを描いたり、そういうコテコテな時代があったんだよね。
それにしても、このCDの積み方とか、ある意味芸術的…♡

改めて、ロックを通して繋がり希望を見出していく、そんなことを少しずつしていきたいな…。12月はとりあえずお節介に爆音でいきましょ!

# by studiofumine | 2016-11-08 23:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

切り文字完了、そしてMOPTOP住宅展示会…

f0378053_22562635.jpg
切り文字作業が完了。そう、肉汁に繋がる言葉は餃子製作所でした!漢字は手間も時間も掛かるね…(^^;
あとはこれに土台を溶接して、看板本体にネジ止めします。


f0378053_22560506.jpg
さて、今日はMOPTOPシミズコウムテンの住宅展示会にお邪魔してきました。二階とロフトが住居で、一階はエステサロンになってます。住居スペースはプライバシーもあるので、一階のエステスペースだけご紹介しますね。

うーん、ここが入り口の受付カウンターね。シンプルで素敵だ!グレーのドアはMOPTOPオリジナルだって!いいなー♪

f0378053_22561115.jpg
ここでお肌の悩みとか、色々と相談したりするんだね。シャレオツなスペースですな♪人生相談もいけるのかな…?!

エステを営むのは奥様のキミヨちゃん。Reir(レイール)っていう名前のエステで、脱毛とか、まつ毛エクステとかもやってる。お友達の家に遊びに行くような、そんな雰囲気を大事にしてるんだって♪うーん、確かにそういう感じもするね♪ここで珈琲を飲んでても違和感ないよね(*'▽')

f0378053_22561720.jpg
そしてこれがエステをやってもらうベッドね。モダンで優しい雰囲気だね。壁のブルーグレー色が効いてて、閉塞感が無く奥行きも出てるし、居心地が良くてリラックスできそう♪さすがMOPの仕事だね!エステに行ったことは無いけど、なんだかリフレッシュできそうな感じ…(^_-)-☆

↑ご興味のある方はHPを見てみてね!


f0378053_22555904.jpg

MOPTOP住宅展示会は明日(11/6)まで!



# by studiofumine | 2016-11-06 00:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

成木カフェ、そして切り文字作業…

f0378053_23260218.jpg
青梅市河辺町のハロウィンイベントをサポートしてくれたお礼がてら、青梅市の成木カフェへランチに。ご存知の方も多いかもしれませんが、成木カフェは成木バーガーと成木ドックのお店。青梅の老舗が提供している素材を使った、美味しいハンバーガーとホットドックを出してるお店なんだよね。画像の真ん中に写ってる木製の囲いの中には炭火グリルが置いてあって、そこでハンバーグを焼いてるんだけど、素材の良さと炭火焼きというのが相まって凄く美味しいハンバーガーになってる。ハンバーガーの写真を撮り忘れちゃった…(+_+)

同時にここはサムライTシャツっていうTシャツプリントの工場でもある。というか、Tシャツ業務の方がカフェよりも長いんだけどね。僕も仕事着からバイクチームのユニフォームまで、色々と作ってもらってる。安くて仕上がりも良いからオススメだよね。最近僕が着てるものは、古着か、サムライTシャツで作ってもらったものばかり。今日もまた新しいパーカーをオーダーしてきた。


f0378053_22484162.jpg
さて、今日は切り文字DAY。型紙を真鍮板にあてがって、マジックでけがく。

f0378053_22485334.jpg
切り文字は全て手作業。世の中にはプラズマカッターのように便利な道具が色々とあるけど、手で十分だし、綺麗に仕上がるからこれで良い。

f0378053_22490762.jpg
f0378053_23262217.jpg
こんな感じね。綺麗でしょ!糸ノコとヤスリで切っていき、ツチ目をつけてペーパーヤスリで整えていく。地味だけど、大事な作業。肉汁、みんな大好きでしょ?

# by studiofumine | 2016-11-05 00:02 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

ライブのお知らせ/12月11日(日)/国分寺モルガーナ みんなに来てほしい♪

f0378053_19332645.jpg

一年半ぶりにライブを開催します。

メンバーそれぞれに忙しくて、ライブの機会を逃してきちゃった…。今回は対バンの大御所バンド「化学反応」のシユウさんが誘ってくれて開催する運びになったよ。しかも「LIVE おせっかい」なんていうタイトルが面白いでしょ。この世はお節介な人がいないとユーモアも無くなっちゃうし、円滑に回らないでしょ。だから僕らもお節介なことをしようってことでこうなった。それはある意味、音楽を通した文化環境づくりと言っても良いかもしれないね。出会いや繋がりを、より豊かなものにしていくために、先の世の中に繋げていくために、そんな思いを話し合って決めたタイトルなんだ。変なネーミングだけど、コンセプトとしてはシックリくるんだよ。

国分寺という場所を選んだのは、西多摩と都心の間だから。中央線沿線の三多摩地域でのミニロックフェスみたいなイメージかな。フェスと言っても今回は第一回目だから、大袈裟なことはできないけど、リーズナブルなワインと、それに合う美味しいパンを提供できる運びになった。パンは青梅の老舗・火打屋本店のキョウコちゃんが協力してくれるって言ってくれて…。最高に有り難い。それから陶芸家のキクちゃんこと岡部喜久子さんがドクロの箸置きとか、そういうロックな作品を展示販売してくれることにもなって、ライブハウスの空間演出に一役買ってくれることになった。僕はキクちゃんのファンだから、とても嬉しい。

出演は3バンドを予定しているけど、もしかしたらもう1バンド増えるかもしれない。ロックのライブって、順番通りに出演するだけで仕切りも何にも無いってことがあるでしょ、それってつまらないじゃない?!ヘタクソでも面白いライブにしたいし、来ていただくお客さんが楽しめるようにしたい。だから会を重ねるごとに質を高めていきたいと思ってるんだ。お金を払って来ていただくんだもんね!

今回、僕らのバンド「The Generators」は10曲ぐらいやろうと思ってる。勿論、全部オリジナル曲ね!そのうち6曲は未発表の曲。勿論、歌詞の内容はお節介な曲ばかりだよ。(^^;
是非、皆さんに観に来てほしいです!チケットお求めは僕までご連絡くださいませ!ロックな夜をお届けします!

-------------------------------------------------------

Live おせっかい その壱

日時:2016年12月11日Open 17:00 / Start 17:30

場所:国分寺 LIVEHOUSE モルガーナ

チケット: 前売り ¥2,300 当日 ¥2,500 ワンドリンク付き 学割 ¥500引き

出演:Takane&マダムキラーズ、The Generators、化学反応

協力:手作りパン販売 青梅火打屋本店、陶芸家 岡部喜久子(展示/物販) 

国分寺 LIVEHOUSE モルガーナ東京都国分寺市本多1丁目5−4お問い合わせ 042-323-7467


# by studiofumine | 2016-11-04 01:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

フィレンツェからのお客様

f0378053_22491535.jpg
先日、フィレンツェからお客様が来房。フィレンツェに暮らして15年になる中村さんは銀細工のアーティスト。今回は日本での展覧会のために来日とのこと。

フィレンツェはイタリアの中心から少し北に位置するところで、夏は蒸し暑く冬はマイナス7度近くまで気温が下がるのだとか。そんなフィレンツェの伝統工芸でもある銀細工の工房で中村さんは働いている。聖関係の仕事が多いそうで、教会や棺などに使うものも制作しているとのこと。銀食器とか、タコのロウソク立てとか、そんなのも作るんだって。でも銀の代わりに銅を使って制作することも増えたとか。銀は高価だし、伝統的なものの需要が減りつつあるというのが理由。
イタリアは鉄鋼芸や金属工芸がたくさん残っているのだとばかり思ってたけど、現状は日本とそんなに変わらず、コストダウンの流れによって伝統工芸が犠牲になっているらしい。100円ショップまで存在すると聞いてビックリした。

芸術に意識が高いのだろうとイメージしていたイタリア・フィレンツェだけど、僕の妄想だったみたいだね。やはり資本主義の矛盾が表れてるんだね。でも古い建物を残す風潮は景観の美しさに繋がっている様子で、15年住んでいても街を歩いていて飽きることが無いそうだ。たとえ100円ショップが入っていても、外観は歴史のある建造物…。このことは大きな意味があるね。

中村さんはアクセサリーも制作する。バングルなどは個性的で、フィレンツェの街並みが刻まれていたり、日本っぽいデザインが刻まれていたりする。評判も良いんだって。それから水面の波紋をモチーフにした作品も制作していて、ここ最近のマイブームなんだって。見せていただいた作品の画像はどれも素敵だった。

ヨーロッパのアート事情で気になっていたことを質問してみた。それはアートに関するアソシエーションが存在するかということ。つまり、アーティストが向上し育っていけるための組織とか、アーティストの生活を支えるための支援とか、そういうことがフィレンツェに存在するのかということなんだけど、答えはNOだった。フランスのパリなどはアーティストを育てるためにアパートを提供したり、活躍の場を保証したりする制度や組織があるそうだけど、イタリアでは15年住んでいても聞いたことが無いと言っていた。日本と同じような感じなんだね…。

将来的に中村さんは活動の場を日本に移すことも描いているそう。次に日本に来る予定は一年後と言っていたけど、後々何かで御一緒できるときが来るかもしれないね。その時を楽しみにしたいと思います。


f0378053_22493323.jpg
そうそう、アトリエのミントはここにきて新芽がどんどん増えていて、あちこちでモリモリしております。

f0378053_22495599.jpg
今日のオツマミは大根とホタテのサラダ。岩海苔と相性がいいね。

# by studiofumine | 2016-11-03 23:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

第4回 チャレンジ!Henshin! ハロウィンを終えて

f0378053_00085546.jpg
青梅市河辺町のハロウィンイベント「チャレンジ!Henshin! ハロウィン」にお越しいただいた皆様、また様々な形でご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。お陰様で2,000人を超える参加者で賑わい、事故も無く無事に終えることができました。

河辺町のハロウィンイベントは手づくり仮装でのゴッコ遊びがしたくて続けている。霞台第一住宅前公園に集まったブースは、どれも手づくりができる無料のブースばかり。どこのブースにも長蛇の列だったことが印象的だった。同時に、街の企業や個人商店にも協力していただいて、それぞれにスタンプラリーのスタンプスポットになっていただいた。こちらも盛況な様子で、お店によっては警備員の誘導が間に合わないほどの行列になった。

ハロウィンが人気な理由の一つには、仮装して違う自分になりたいということがあると思う。その裏には、日常的に順位や数字で人間の価値を判断されている競争環境があり、それによって根強いコンプレックスや自己肯定感の薄さが深まってしまっている…。そのことから解放されたいという気持ちの表れも強く出ている感じがする。

僕らがやっているハロウィンを利用したゴッコ遊びは、順位もつけないし点数もつけない。個人の表現に注目し、できるだけお金を掛けずに、自宅にあるものなどを工夫して作った衣装で遊ぶことを大事にしている。このことはつまりクラフトだけど、上手下手という空気感ではなく、それぞれの表現を楽しむという空気感をつくることに重きを置いている。誰だって人と比較されて価値を下げられるのは嫌だからね。

ファンタジーは想像の中にあって、常に変化していくから、何が飛び出すか分からないのが魅力なのだ。そして自由な想像を繰り返していくうちに創造に変わっていくことがある。敷居は低く、質は高い…、そうなっていったら素敵だろうな。

来年はまた課題を乗り越えて、より多くの人が楽しめるアートイベントにしたいな。


f0378053_00134963.jpg

f0378053_00131761.jpg


# by studiofumine | 2016-11-02 09:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

チャレンジ! Henshin! ハロウィン

地元、青梅市河辺町にて2016年10月30日(日)に開催される「チャレンジ! Henshin! ハロウィン」。今年で4回目になるこの取り組みは、手づくりの仮装でゴッコ遊びを楽しむというコンセプト。お金を掛けなくても、家にあるもので色々なものに変身して街中をねり歩く。想像力をはたらかせて何かになりきる面白さは、子どもも大人も夢中になれる。街の人と実行委員会を組んで取り組んでいて、今となっては地域の企業や教育委員会や警察など、様々な協賛で行えるようになった。本当に有り難い。ちなみに僕は微力ながら実行委員長を務めている。

子どもよりも大人が本気…という噂もあるこのイベント。当日もいくつかの変身ブースがテントを並べてるから、そこでも仮装できるのが魅力のひとつ。オウチで仮装してきたけど、もっと仮装したい!…ってなるのも珍しくない光景。最近流行りのボディペインティングなんかもあるから、みんな夢中になってる。大人に負けない!…と、子どもたちも意気込んでる。僕も頑張って仮装アイテムを作らなくちゃ…。

ということで、今回はインディアン風な人になろうかと…。


f0378053_22390064.jpg

行きつけの飲み屋さんからワインのコルクをいっぱいもらってきた。コルクに穴をあけてストローとタコ糸を通す。抜けないように木工用ボンドで固定。コルクには赤と水色でラインを入れて…。

f0378053_22390859.jpg
不織布を羽の形に切って、ストローに木工用ボンドで張り付ける。ボンドが乾くのに時間が掛かるけど、夜中に少しずつやってるから丁度良いペースだな。


f0378053_22391496.jpg

フェルトを縫って帽子にする。これに羽を縛り付けていく。羽と羽はタコ糸で繋げていく。

f0378053_22393685.jpg

これまた、飲み屋さんでもらってきたビールの王冠に糸を通す穴を開ける。

f0378053_22394568.jpg
こんな感じで、2つ開ける。王冠はちょっと叩いてへこます。なんとなくこの方がカッコイイ気がして…。

f0378053_22395155.jpg

フェルトで帯を作って、それに王冠を縫い付ける。赤い糸がアクセントね。帯も周囲を糸でグルグルしてアクセント付け。

f0378053_22395972.jpg
横面に付ける飾りも羽にした。これはコルクじゃなくてフェルトね。糸で縛るとそれっぽいね。丸いフェルトに付いてる水色のビーズは、新聞紙を丸めてボンドで固めたものに着色してる。

f0378053_22400800.jpg

こんな風に横側に付く。

以前にアメリカのサンタフェへ、ネイティブアメリカンに会いたくて旅をした。その時の記憶を辿りながら、作り方を思い出しながら…。

f0378053_22404934.jpg
こんなメイクでいこうかな。首飾りはアートヤーン作家のルルさんの糸を。

f0378053_22405981.jpg

後ろはこんな感じね。


イベント当日、みんなどんな仮装で来るのかな…。たくさんの子どもたちが来てくれたらいいな。普段から競争の中で暮らしてるから、何をするにも順位が付いたり、人との比較をして、自分が劣っていないかを確かめるような生活をしてる。このイベントは順位も付けないし、何かにとらわれなくてもいい。たった4時間だけど、自由に想像して遊んでほしい。そうそう、いつも生演奏してるんだけど、今年はまた素敵なミュージシャンがこのイベントのためにプログラムを考えてくれている。そう、ピアニストのマユちゃんね。彼女はハロウィンのためにバンドを結成して、作曲までしてくれてる。どんな感じなのか楽しみだな。楽しい演奏でゴッコ遊びしようね!


# by studiofumine | 2016-10-28 23:38 | イベント | Trackback | Comments(0)

新たに看板フレームができた

f0378053_04131988.jpg

新しい看板のフレームができた。ここからはオブジェや切り文字作業。この状態だと、まだ完成を想像することは難しいね。古墳みたいだし…。


f0378053_04132928.jpg

今日は雨。アトリエの楓もしっとりと…。


f0378053_04132467.jpg
会議の前に腹ごしらえ。大盛り大根おろしで食べる厚揚げが最高。ちょっと厚めに切って、フライパンで焼き色が付く程度に焼いて、大根おろしとワサビで食べるのが良い。会議じゃなければお酒が飲みたいところ…。

# by studiofumine | 2016-10-25 23:58 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

エンジンの掛かりにくい日

f0378053_00483133.jpg

今日は冷え込みが増して、夕方からは初冬のような寒さ。例年よりも5日ほど早くストーブに火を入れた。もうそんな時期なんだね…。


f0378053_00481999.jpg
個展やグループ展の出展作品を制作しつつ、看板制作も同時進行。今のところ作業が地味過ぎて進み具合が分かりにくいから、写真は撮ってないけど…。

気温は低かったけど、カラッと晴れて気持ちいい日だった。溜まりに溜まった銅クズを知り合いの産廃業者さんが引き取りに来てくれて、アトリエ内も何となくスッキリ。それから郵便局に行ったり、ついでに展覧会のDMを知り合いのカフェに届けようと思ってたらDMをバッグに入れ忘れてたり…。わりとうっかりしてること多いんだよね(+_+)

f0378053_00482548.jpg

何となく仕事のエンジンが掛かりにくくて、ちょこっとモーターいじり…。


薄暗くなってから、やっと集中。気が付けば23時を回っておりました。さて、夜中はPC仕事ですな・・・


# by studiofumine | 2016-10-24 23:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

珈琲イベントを終えて…

f0378053_01162472.jpg

クレープコロモの珈琲イベントにお越しいただいた皆様、どうも有り難うございました!お陰様で今回も盛況に終えることができました。


珈琲イベントの二日間だけでも、たくさんの人間模様が見える。進路や親への不満をポロッとこぼしていく高校生や、仕事やこの先の人生に大きな不安を抱えているサラリーマン、離婚や親の介護で精神的にもボロボロになっている50代など…、例を挙げればキリがないほどたくさんの人生模様を垣間見る。僕は思う、こういう時こそお節介が必要だと。同時にアートが心を癒し、気持ちを前に進めてくれる…。優れたファンタジーは想像力の中にある。想像が創造を呼ぶのだ。

# by studiofumine | 2016-10-23 23:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)