ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

フレーム造り

f0378053_19261534.jpg

 ひたすら銅丸パイプを叩き角パイプにしていく定番作業をしながら、できたものを溶接して繋げていく。これが超地味な作業…。でもこれをやらないと看板はできていかないので、ラジオやCDを聴きながら、DVDを流しっぱなしにしながら、気持ちを盛り上げて…。フレームができてくると嬉しいもので、テンションも必然とUP。これが何の看板になるかは、まだお楽しみ…。

[PR]
# by studiofumine | 2016-10-13 20:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

緑青のはなし

f0378053_18094317.jpg

 春から夏の終わりまで頻繁に作っている若葉のオブジェ。ご存知の方も多いかもしれませんが、この色は着色ではなく緑青を吹かせています。そう、お寺の屋根が緑青色になってる、アレです。緑青は毒と言われてきましたが、1980年代に日本銅センターが緑青に毒性が無いことを発表しています。摂取したりするとお腹を壊す場合がありますが、僕の緑青作品を触っても死に至るようなことは無いのでご安心を。


さて、この緑青ですが、どうやって吹かせるのか…。


f0378053_18094816.jpg
 これが僕が作っている緑青液「Super Rock Show」です。←ロックな感じの名前の方がテンション上がるので!
基本にしている薬品は塩化アンモニウムです。薬局で注文すると取り寄せてくれます。これを水に溶かすのですが、塩化アンモニウムの量が多いほどに緑青の色は青よりになる傾向があります。更に僕の調合は塩とみりん少々を混ぜ合わせます。緑色に近づけたかったら、大根おろしや玉ねぎおろしを少々混ぜ合わせます。最初は透明ですが、何度も使っているうちに緑青色になります。

このスーパーロックショー液を塗ることで緑青が発生するのですが、乾いては塗ってという具合に何度も繰り返します。緑青は気温と紫外線と二酸化炭素に反応して吹いてきます。なので、液を使う前にストローで緑青液にブクブクと息を吹き込み、塗った後はストーブの近くに置いたり、窓際などに置いて光を当ててあげるとより効果的です。緑青が定着するのは夏であれば10日間、冬であれば16~18日間ほどです。その間、何度も液を塗って乾かして…を繰り返すのです。

緑青はまるで生き物のようで、気温や湿度に反応して増殖していきます。梅雨の時期にはモリモリと育ち潤いが出ます。冬の乾燥した時期は白っぽくカサカサになります。この変化も緑青の楽しみの一つでしょうね。

f0378053_18095467.jpg

 コチラ、Super Rock Show 液のスプレータイプ。看板や表札など、広い範囲に緑青を吹かせるときに使います。対象物から少し離して、フワッと霧のように付着させてあげると効果的!←通販ではありません(^^;


何気なく見ていた緑青作品は、意外に手間の掛かるものなのでした…。


日が暮れるのが早くなりましたね。芸術の秋を楽しみましょう♪
f0378053_18100000.jpg

[PR]
# by studiofumine | 2016-10-12 19:00 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

Japan Vintage に魅せられて…

f0378053_22361109.jpg

 ギブソンやフェンダー、はたまたグレッチ、これらのヴィンテージはとても魅力的。何故なら、当時の材質や造りの良さから生み出される音質はそれにしか無い。勿論、現代のものがダメなのではなく、それが好みということ。近年、日本のヴィンテージギターも人気らしい。海外ではジャパンヴィンテージと呼ばれて、高値で取引されてるんだって。やはり’85年頃までのものは材質も造りも良い…とは、楽器屋さんの弁。そんなジャパンヴィンテージに、僕も魅了されてる。

 年代やモデルによっても音質が違うし、個体差もかなりあるのが面白いところ。それから弾いた感じもそれぞれに違う。画像の左と右のギターは同じような形をしてるけど、弾き心地や音はまったく別物。同機種でも個体差があるから、しっくりくるものを選び出すのも一苦労かもしれないけど、それも楽しみのひとつ。

 右から、1965年製 ELK セミアコ、1974年製 Greco レスポール、1980年製 YAMAHA SA1200 セミアコ。アトリエではマーシャルで鳴らしてるけど、アンプによっても相性があると思うし、弾き方によってもそれぞれの良さが出るのがまた魅力なところ。オーダーメイドギターの魅力も知ってしまったんだけど、長くなるからまた今度…。

[PR]
# by studiofumine | 2016-10-11 23:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

てとてと市@飯能・観音寺

f0378053_23000343.jpg

 器が美味しさを引き立てる…。この器、10/10に埼玉県飯能市で開催された「てとてと市」に出店していた陶芸家・荻野君の作品。見た瞬間にお刺身や肉を並べたいと思って買った。荻野君はてとてと市の主催者でもある。ちなみに器に乗っているのは秋刀魚。アトリエの楓を飾って…。

f0378053_22591919.jpg

 写真を撮り忘れちゃったのも多いんだけど、撮ったものだけでもご紹介しますね。てとてと市は飯能市の観音寺で行われていて、今回で7回目だそう。出店者は知り合いばかりで、個人的には和む空間。良い意味で、狭い参道が賑わいの空気感を強調させていて、とても良い雰囲気だし、クオリティの高い作家さんたちが集まってる。入り口から近い所に出店してたのはお馴染みのキクちゃん。僕は彼女の器のファンで、アトリエにはキクちゃんの器が色々ある。12月にはクレープコロモでも展覧会を検討してくれてる。

f0378053_22592599.jpg

あれ?…森さんじゃん!最近あちこちに出店してて、新作も色々と作ってる。流木に卵の殻を張り付けて、色付けをして、植物を植えてる。アトリエの入り口に欲しいなぁ…と、ちょっとアピールしてきた。

f0378053_22593946.jpg

イベントに欠かせない菅野君。僕も以前に似顔絵を描いてもらった。彼の絵はどことなくアメリカンな雰囲気もして人気がある。レコードジャケットも描いてるけど、どれもカッコイイ!僕のバンドのも描いてほしい…。

f0378053_22595294.jpg

飯能に店を構えるリファクトリーのワタナベ君。やっぱり良いもの出してるなぁ…。木箱が欲しかったんだけど、時間が無くて断念。最近お店の入り口を改装して、更にオシャレ度アップ!見てるだけでも楽しいね!

f0378053_22594556.jpg

あ、やっぱり居たいた!マルポーのクンちゃん。クンちゃんの古道具はガラクタって呼んでる。このガラクタが最高に素敵なんだよね!いつもニクイものを扱ってて、しかも安値!今日も欲しい椅子があったんだけど、後日に・・・。

f0378053_22595796.jpg

彼らがいないと始まらない!シンハのゲンちゃんとリカちゃん。いつもシンハの料理を食べたくて仕方がない。彼らは定期的に現地に行って、タイ料理を学んでくるんだよね。だから味もどんどん進化してるし美味しい。今日はラム肉が乗ったタイラーメンをいただきました。毎日食べたい!

f0378053_22593395.jpg

そして彼が荻野君。冒頭の器の作者。ちょっと古代っぽい雰囲気の模様や色を付けてるのが彼のシンボルになってるかもね。でも色々な雰囲気の器を作ってる。実は飽きっぽくて同じものをたくさん作れないんだって…。僕と同じだ…。

f0378053_23000809.jpg

これも荻野君の器。大きさ、形、手触り、とてもバランスが良くて使いやすい。お客さんがアトリエに来たときには、色々な作家さんの器でお茶や珈琲を出してるんだけど、やっぱりみんな喜んでくれる。作家さんの器っていいよね。










[PR]
# by studiofumine | 2016-10-10 23:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

肌寒くなってくると珈琲が美味しいね

f0378053_22295269.jpg

10月になっても雨続き。これじゃ坐骨神経痛も治まらない…。でも今日は午前中で雨も止み、夕方には少し晴れ間も見えた。気温の差が激しいから身体はドンヨリだけど、今日みたいに肌寒いと珈琲が一段と美味しく感じる。ネジ君の豆を挽くと良い香りが漂ってくる。そう、いわゆる「ネジ臭」ってやつね。そう勝手に呼んでるんだけど、このネジ臭は何とも良い香りで、ねじまき雲ならではの独特な香り。アトリエ内にネジ臭が漂う、ちょっと肌寒い秋の連休の午後でした…。

[PR]
# by studiofumine | 2016-10-09 22:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

10/6.2016

f0378053_23573106.jpg

ちょっと暑いけど、少しヒンヤリな秋の風が吹く一日。通勤コースにあるこのトンネルは心霊の噂で怖いっていう人がいるけど、僕は一度もそんなことを思ったことは無く、むしろ動物の気配がして心地良い所。今日も鹿追の方々が山に入っていたようです。

f0378053_23573651.jpg

お昼、蕎麦を茹でたらナスも食べたくなって…。

f0378053_23574123.jpg

そして食後の珈琲をカリカリ…。ネジ君の豆だから、嫌味が無くて美味しい。現在、冷凍庫にある豆は珍しく中浅煎り。

f0378053_23575260.jpg

さて、看板のフレームを造らなければ。いつものように銅丸パイプを叩いて角パイプにする定番作業。ラジオを聴きながらが丁度良い。窓からは涼しい風が入ってきて、汗もすぐにひいていく…。

f0378053_23574684.jpg

アトリエ敷地内のガーデン23(←勝手にそう呼んでる)は、コセンダングサが満開。たくさんのミツバチやシジミチョウが蜜を吸いに来てる。いよいよ秋ですね。





[PR]
# by studiofumine | 2016-10-06 23:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ブログを移転しました。

Studio fu-mine HP内にあったブログを、こちらに移動しました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

f0378053_22045185.jpg

さて、いくつかの注文制作などを同時進行している合間に、カエルのコーリーなんかも造っています。というのも11月下旬に個展がありまして、ちょっと急ぎ足で準備を進めないと間に合いません…。個展の詳細は後々ご紹介しますね!

f0378053_22045899.jpg
今日は台風の合間の晴れの日でしたが、夕方には雲行きが怪しくなってきました。また台風が来るみたい…。9月はほとんどが雨の日でしたね。そろそろカラッと気持ちの良い日差しが続くといいな…。


[PR]
# by studiofumine | 2016-10-04 22:14 | ニュース | Trackback | Comments(0)