人気ブログランキング |
ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

タグ:コーリー ( 5 ) タグの人気記事

酸素不足/Oxgen Please!

f0378053_12400191.jpg
今回のコーリーはコレ!

f0378053_12400647.jpg
今までにも何度か制作している「酸素不足」♪
今回は酸素ボンベがいつもに比べてちょっと豪華かもしれません。やっぱりね、何度も作っていると進化するというか、良いアイデアが出てくるんですよ。


f0378053_12401095.jpg
f0378053_12401304.jpg
ベルトのバックルなんかは、あえてアナログで。
銅板造形はアナログ感が大事だと思っています。現代ではワンタッチで完了するバックルですが、それをあえてアナログで作ることでロマンを見出すのです。


f0378053_12401701.jpg
このボンベもそう。今時こんな古臭い感じのものは使ってないと思いますが、でもこのアナログ感が良いのです。

大事なのは実際と同じことではなく、実際にありそうだということです。機械的構造を度外視しては、逆につまらないものになってしまいますが、適度に科学的根拠や構造を成り立たせつつ、あとはイメージの世界を創り出すことでファンタジーの質を上げることができます。

f0378053_12402120.jpg
それにしても、カエルが酸素ボンベを必要とするほど、現代社会は息苦しくなるばかりですね…。アートを通して、少しでも社会貢献できることを願い続けています。


f0378053_12402547.jpg

by studiofumine | 2019-03-26 12:55 | 装飾・オブジェ | Trackback | Comments(0)

今度のコーリーは何?

f0378053_12250196.jpg
このコーリー、どんな演出になるでしょう?
ヒントは海!

更新を通知する


by studiofumine | 2019-03-25 12:27 | 装飾・オブジェ | Trackback | Comments(0)

HP Corryページにギャラリーを追加



ホームページにある銅ガエルのコーリーのページにギャラリーが加わりました。

昨年の秋から開設した新しいホームページ。銅ガエルのコーリーのページは数枚の画像を載せている状態でしたが、以前から計画していたギャラリー機能を追加し、過去に制作したものを参考価格と合わせて見ることができるようになりました。

今や代表作とも言える銅ガエルのコーリーですが、2019年からは今まで以上に押し出していこうと思っています。今後も少しずつホームページにコーリーの画像を増やしていく予定です。お時間がある時に是非ご覧いただければと思います。

ちなみにコーリーのフルネームは「Co-Red Brown(コレッド・ブラウン)」。そう、僕のバンドの名前と同じなんです。と言うより、バンドを結成する時にコーリーの名を付けました。この名前には意味がありまして、CoはCopper(銅板)、Redは赤(銅板は昔から赤と呼ばれているため)、BroはBronze(青銅)、ownは自分自身のとか、所有するという意味。最後のownはコーリーが様々な人の所に旅立って行ってほしいという願いを込めています。お陰様で現在までに数えきれないほど、コーリーは旅立っていきました。これからもコーリーが多くの笑顔を生むきっかけになることを願っています。


by studiofumine | 2019-01-20 23:08 | ニュース | Trackback | Comments(0)

造形の方でも新たな展開を…


造形の方でも、以前から温めてきた構想を少しずつ形にしようと動き出しました。

今年の10月で銅板造形の世界に入って22年目に突入します。駆け出しの頃から考えれば、随分と進歩しましたね…(^^; いつも周年行事などはやってこなかったけど、50歳を手前に色々と展開していこうと思って…。詳細は追々ご紹介していくことになると思いますが、まずは写真撮りの様子から・・・。

以前から温めていた構想を、少しずつ形にしようと動き出しました。

by studiofumine | 2018-09-18 00:25 | 仕事

街の裏路地、冷たく乾いた風が吹き荒れる…

f0378053_01455270.jpg
いったいどれだけの犠牲を払えばいいのだろう
希望が見出せない 葛藤と諦めの日常
どれだけ力を注げば解放されるのか
そうこうしてるうちに
社会は崩壊していく

新聞の見出しは法案の強行採決
代償は子どもたちの貧困や格差
冷たく乾いた風が心に突き刺さる
生きていくだけで必至だ

--------------------------------

…こんなことを思いながら造りましたが、それにしても生きていくのが大変な社会ですね。心が病んでしまうのも無理はなく、今後はもっと状況が悪化するでしょうね。

街の裏路地、冷たく乾いた風が吹き荒れる中、銅ガエルのコーリーは新聞を片手に立ちすくむのでした…。


by studiofumine | 2016-11-13 23:59 | 仕事 | Trackback | Comments(0)