人気ブログランキング |
ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

タグ:五ノ神製作所 ( 6 ) タグの人気記事

お正月からのあれこれ

f0378053_11383940.jpg
お正月からのあれこれ…。

初詣は1日の0:00、青梅市の住吉神社へ行くのが恒例です。宮司さんともご挨拶を交わして一年が始まります。元旦の空気はどことなく澄んでいて神聖な感じがします。不思議ですね。

f0378053_12082205.jpg
そして1日の午後からはクレープコロモに行って、お雑煮を作りつつ、2日と3日の珈琲イベントの準備です。コチラも毎年恒例、多くのお客様にご来店いただきました。年初めの珈琲ということで、試飲の一杯はじっくりと確かめながら、時間を掛けて味の確認。お湯の温度を一度ずつ変えて、一番良い状態を探ります。今回もネジ君(ねじまき雲店主)の焙煎のお陰で、お客様には好評をいただきました。

f0378053_11383427.jpg
珈琲イベントの後には、いつもお世話になっている名店、天ぷらかわ清へ。お正月のお通しはプチお節。年末からの慌ただしい空気も、この時ばかりは小休止。極上の天ぷらとお刺身なども堪能して、お腹も心も潤いました。


f0378053_11384306.jpg
珈琲イベントの翌日からは、年末に引き続き干支オブジェ制作に戻ります。お陰様で毎年多くの方にご注文を頂き、嬉しい限りです。

f0378053_12041864.jpg
今年の干支はイノシシですね。パーツを展開するとこんな風になります。このイノシシも、まずは型紙を起こしてからスタートします。型紙でおおよその全体像を作り上げて、細部は頭の中の設計図と感覚で仕上げます。第一号はちょっと不細工なこともありますが、有難いことにそれが欲しいという方もチラホラ…。毎回、第一号を狙っている方もいて、作り手としては本望かもしれません。皆様、どうも有り難うございます。


f0378053_12043891.jpg
数日の間、お節やお雑煮などが続くと、オリーブオイルとニンニクが恋しくなります。年初めのアトリエランチは、勿論パスタ。これも毎年恒例ですね。


f0378053_11385160.jpg
そうそう、年末にレコーディングをしましたが、レコーディングが一段落した時の食事はラーメンが定番になってます。画像はご存知、らーめんいつ樹の鯛塩らーめん。そう、僕が看板制作をさせていただいているお店です。いつもは行列していますが、運良くスムーズに入れました。いつ樹は五ノ神製作所という会社の一号店で、ここが本店です。他にも千駄ヶ谷や大久保など全6店舗あって、一軒は台湾の台北市にあります。有難いことに僕は全店舗の看板を制作させていただいています。

社長の伊藤君は面白い人で、感覚に優れています。看板制作の打ち合わせの大半は、素材や質感、そしてストーリー性を踏まえた話ですが、具体的な形の話はせず、感覚的な話ばかりです。僕はワクワクしながら楽チンに話ができます。この10年、彼のお陰で僕の作品が飛躍したと言っても過言ではありません。

f0378053_11383083.jpg
さぁ、今年もこのトラックにたくさん働いてもらいます。作品を乗せて、あちこちへ!

皆様、今年もどうぞ宜しくお願いします!


とりとめのない記事でスミマセン…(^^;

by studiofumine | 2019-01-05 09:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

海老味油そば / 五ノ神製作所監修


いつ樹本店を初め、日本と台湾に6店舗を展開する五ノ神製作所。ご存知の方も多いかと思いますが、全店舗の看板制作をさせていただいています。その五ノ神製作所が監修のカップ麺が発売されています。パッケージには僕が制作させていただいた看板が印刷されています。

友人が見つけて買ってきてくれたので、早速味見を。

なるほど、濃厚な海老のソースは五ノ神製作所らしい味わい♪麺もモチモチでしっかりしてて美味しいね♪

カップ麺に具を足すと、チープな感じと本物がケンカして相性がイマイチなことが大半だけど、これは具を足しても美味しい!最初はノーマルを食べてみて、途中から玉葱のみじん切りをトッピングしたら、エビの風味が生きて美味しくなったよ♪元々キャベツが入っているけど、サッと湯がいたキャベツを足しても美味しくなりそうだね。価格もちょっと高めだけど、チープなものを販売するよりも、この方が五ノ神製作所の良さが出ていいね。伊藤君(五ノ神製作所社長)、凄いな!

このカップ麺はローソン系のお店で販売しているそうです。良かったらお試しください♪玉葱みじん切りトッピングがお勧めです!

by studiofumine | 2018-08-24 23:58 | ニュース | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記⑥/最終回

アトリエでの最終作業はボルトを通す金具の裏にゴムシートを貼り付ける作業です。



ゴムシートを貼る理由は、緩衝材としての役割と、金属同士の電蝕を防ぐためです。

電蝕とは、空気中の水分などによって異なる金属の間に微量の電気が発生し、金属を腐食させてしまう現象です。設置するプレートは鉄板なので、電蝕を起こすと鉄板が錆びてボロボロになってしまう可能性があります。



あ、そうそう、エビの目にガラス球を入れる作業もありました!写真では分かりにくいかな?!
鯛は艶有りコーティングで瑞々しい感じに仕上がりました。



真鍮文字は文字の部分だけにコーティングを施して、座板には何も塗りません。銅板は酸化によって黒くなるので、取り付ける鉄板と同化していくことを狙っています。



そしてサインも…♪

時々、サインを忘れちゃうことがあるんですよね…(^^; お客さんに言われて気が付いたりすることがあります…(^^;



f0378053_01032526.jpg
ということで、制作したパーツを鉄板ボードにボルトオンして完成!

鉄板は工務店の方にイメージを伝えて製作してもらいました。画像では分かりにくいかもしれませんが、鉄板をパッチワークの様に繋げてもらいました。動きが出て良いですね!

炎天下の中、麦茶をガブガブ飲みながら設置完了です!


いつ樹のオープンは8月上旬と聞いています。それまでは看板のお披露目もお楽しみということで、現在はシートに覆われています。ラーメンは勿論のことですが、オープンしたら是非看板も観ていただきたいです!



さて、鯛が去ってアトリエも広くなりました。次の制作に入りましょうかね…♪





by studiofumine | 2017-08-01 01:14 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記③

f0378053_23373681.jpg
胴体が繋がったところで、ヒレを造ります。
銅板に銅線を溶接して、筋を造ります。
綺麗に整い過ぎない方が可愛くて良いですね♪




それぞれのヒレを溶接していきます。
背ビレと腹ビレは太めの銅線で筋を入れます。
だんだん鯛らしくなってきました。


裏にはフレームを溶接します。
鯛を座板から浮かせるためと、強度を付けるためです。
フレームはお馴染みの丸パイプを叩いて角パイプに加工したものです。




最初に制作していたエビをくわえさせて…。
エビはフレームに溶接します。


f0378053_23375786.jpg
エビで鯛を釣る・・・。
五ノ神製作所一号店「いつ樹」にピッタリのコンセプトですね♪


さあ、まだ制作は続きます。
お次は文字の制作へ・・・。


その前に、ちょっと腹ごしらえ・・・







by studiofumine | 2017-07-15 23:59 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記①

五ノ神製作所台湾の次はというと、五ノ神製作所の一号店「いつ樹」のリニューアルオープンに向けての看板制作です。

また海老・・・(^^;




いつもは半立体で半身ですが、今度の海老は普通に立体です。

うーん…、パーツが多い・・・



というわけで、こんな感じになっております♪

でも、この海老はメインではなく、メインは鯛!

大きな鯛を造ります!
こんな感じの鯛を・・・↓




by studiofumine | 2017-07-03 02:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

つけ麺 五の神製作所 台湾支店の看板が完成!

f0378053_01383607.jpg
とあるお店の・・・とは、「いつ樹」でお馴染みの五ノ神製作所の台湾支店の看板でした。気が付いている方も多かったかもしれませんね(^^;

さて、前回の記事の続きからいきましょう。

f0378053_01372636.jpg
切り文字制作ですが、五ノ神製作所は何度も造る可能性があるので、型紙は厚紙で作って保存します。ちなみに同じ書体を使ったことは無いのですが、念のため…(^^;
勿論、五ノ神製作所だけでなく、殆どの型紙は保存してあるのでご心配なく!


f0378053_01373652.jpg
f0378053_01374461.jpg
f0378053_01375061.jpg
f0378053_01375419.jpg
いつものようにハサミで切って、細部は糸ノコで切ります。鉄ヤスリで形を整えたら叩いて模様を付けて、紙ヤスリで切り口や角を磨いて滑らかにします。最後に足を溶接して、台座に付けたら文字の出来上がり。


f0378053_01382562.jpg
穴を開けて、文字をネジで固定していきます。ネジの頭には銅キャップをして、見栄えを良くします。同時に銅キャップは防犯の意味もあります。



f0378053_01384147.jpg
サインを入れたら・・・


f0378053_01384967.jpg
つけ麺五ノ神製作所台湾支店の看板の出来上がり!
ちなみにエビと文字はクリア塗料でコーティングしています。何もしないと1か月もしないうちに酸化によって黒ずんでしまうので、色や表情を長持ちさせるためです。



さて、ここからがまた大仕事。
台湾に空輸するための木箱を造らなくてはなりません。


f0378053_01392433.jpg
骨組みを造り、板を貼っていきます。


f0378053_01393067.jpg
f0378053_01393608.jpg
f0378053_01394145.jpg
五ノ神製作所の伊藤社長が見守る中、蓋を閉じていきます。最後の儀式に立ち会い、グッときている様子・・・。



f0378053_01394595.jpg
f0378053_01394931.jpg
さあ、いよいよ台湾に向けて出発!
無事に届いてくれれば良いのですが・・・!



f0378053_01395603.jpg
伊藤社長との2ショット。
そう言えば、一緒にテレビに映ったことはあるけど、写真撮るのは初めてかも?!



f0378053_01412396.jpg
台湾に行った際には、是非お立ち寄りくださいませ!!

by studiofumine | 2017-06-10 02:18 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)