ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

タグ:看板制作 ( 14 ) タグの人気記事

ショップ看板制作中

f0378053_21065934.jpg
ショップ看板、絶賛制作中です!

ベースの銅板は定番のリベット止めで決まり!

[PR]
by studiofumine | 2018-10-26 23:44 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記⑤

真鍮文字に足を溶接していきます。



今回は座板から5センチほど浮かせます。足が付くと雰囲気が出てきますね。




1ミリの銅板に、足を付けた真鍮文字を溶接します。溶接の熱で銅板が歪むので、冷却後に丁寧に叩いて整えます。

水を付けながら耐水ペーパーで磨いたら出来上がり。

f0378053_21485651.jpg
鯛と文字が揃ったところで、仕上げに透明なラッカー塗料でコーティングしていきます。設置場所が交通量の多い街道沿いということもあり、汚れが酷く酸化も早いと思うので、ハケで厚塗りします。特に飲食店看板はなるべく綺麗な状態を保てる方が良いと思うので…♪

モノによっては艶消し塗料を使いますが、今回は海の生き物なので瑞々しくなるように艶アリ塗料を使います。



こう暑いと食欲も減り、僕は既に夏バテ…。食欲が進むようにと、天ぷらかわ清(青梅市河辺町)の天かすをお豆腐に乗せていただきました♪
ちなみに蕎麦は半分しか食べられず…(^^;


[PR]
by studiofumine | 2017-07-24 22:04 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記④

今回の看板は文字が大き目です。しかも五ノ神製作所関係にしては文字数が少なく、3文字。

この時点ではペラペラで、まるで紙を切ったような感じです。これを叩いて膨らませていくと雰囲気が出てくる…、金属造形の面白いところですね。


ハサミで切り出した文字を荒らして(模様を付けること)、しぼりと打ち出しを繰り返しながら膨らませていきます。




こんな感じに膨らませました。

さて、いよいよ座板から浮かせるための足を付けていきます・・・




そう言えば、先日のスコールは凄かったですね。怪しげな風が吹いてきたと思ったら、激しい稲妻と雷の後に豪雨…。一時的にも雨量が多かったので、アトリエ内はあちこちで雨漏りでした…(^^;

[PR]
by studiofumine | 2017-07-19 21:20 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記③

f0378053_23373681.jpg
胴体が繋がったところで、ヒレを造ります。
銅板に銅線を溶接して、筋を造ります。
綺麗に整い過ぎない方が可愛くて良いですね♪




それぞれのヒレを溶接していきます。
背ビレと腹ビレは太めの銅線で筋を入れます。
だんだん鯛らしくなってきました。


裏にはフレームを溶接します。
鯛を座板から浮かせるためと、強度を付けるためです。
フレームはお馴染みの丸パイプを叩いて角パイプに加工したものです。




最初に制作していたエビをくわえさせて…。
エビはフレームに溶接します。


f0378053_23375786.jpg
エビで鯛を釣る・・・。
五ノ神製作所一号店「いつ樹」にピッタリのコンセプトですね♪


さあ、まだ制作は続きます。
お次は文字の制作へ・・・。


その前に、ちょっと腹ごしらえ・・・







[PR]
by studiofumine | 2017-07-15 23:59 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記②

f0378053_21502008.jpg
いつ樹看板のメインになるのは鯛です。かれこれ10年前、いつ樹がオープンしたときに制作した鯛よりも数倍大きい鯛を造っています。

今回も半身ですので、完全な立体よりは手間が少ないのですが、バランスが重要になってきます。



f0378053_21502897.jpg
鱗の模様に合わせてパーツを造り、裏で溶接していきます。ポイントで溶接しているのには訳があります。万が一、バランスに納得がいかないときに外せるということと、溶接後に全体を叩いて形を造っていくときに加工しやすいためです。溶接した箇所は叩いても伸びなくなってしまいますからね。



f0378053_21503448.jpg
こんな感じに溶接しておきます。最終的にはフレームが付くので、強度的には問題ありません。



f0378053_21504133.jpg
いやいや、それにしても暑くなりましたね。もうTシャツに塩が浮く季節になりました…。溶接していると更に暑く、涼しげなものが食べたくなりますね。



f0378053_21505284.jpg


[PR]
by studiofumine | 2017-07-10 22:48 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

五ノ神製作所一号店「いつ樹」リニューアルオープン看板制作記①

五ノ神製作所台湾の次はというと、五ノ神製作所の一号店「いつ樹」のリニューアルオープンに向けての看板制作です。

また海老・・・(^^;




いつもは半立体で半身ですが、今度の海老は普通に立体です。

うーん…、パーツが多い・・・



というわけで、こんな感じになっております♪

でも、この海老はメインではなく、メインは鯛!

大きな鯛を造ります!
こんな感じの鯛を・・・↓




[PR]
by studiofumine | 2017-07-03 02:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

とあるお店の看板制作進行中 その4

f0378053_02090778.jpg
エビのパーツが揃った。ある程度は精密に造っているけど、大事なのは「らしさ」。それらしく見えないと意味がない。

エビ組み立てキットみたいでイイネ。



f0378053_02091170.jpg
エビの中はこうなっている。フレームに対してそれぞれのパーツを組んでいく。骨組みがしっかりしてないと綺麗な造形にならないもんね。

楽器にも見えるね♪ もしくは宇宙から来た未知の生物?!




f0378053_02091416.jpg
それぞれのパーツが付くとこうなる。
うん、エビだね。


さて、作業も終盤。いよいよ切り文字制作へ・・・





[PR]
by studiofumine | 2017-06-03 02:23 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

とあるお店の看板制作進行中 その3

f0378053_00473007.jpg
地道に進んでいる看板制作。



f0378053_00480604.jpg
今回はエビのオブジェを付けるので、色々と時間が掛かります。何といってもエビはパーツが多いですからね…(^^;




f0378053_00473456.jpg
f0378053_00473997.jpg
切って叩いて造ったそれぞれのパーツを繋げると、エビの足になります。エビは足が多いので、これを何個も造ります。



f0378053_00474267.jpg
さあ、だいたいのパーツが揃ってきました。今度はこれらを更に繋げていきます・・・






f0378053_00470959.jpg
看板仕事の合間に小物を制作。
プレゼント用にご注文いただいた猫。



[PR]
by studiofumine | 2017-06-01 00:57 | 看板・表札・ポスト | Trackback | Comments(0)

とあるお店の看板制作進行中 その2

f0378053_00403042.jpg
看板のベースをフレームに合わせて造ります。銅板の繋ぎもリベット止めにして、この部分には一切火を掛けません。



f0378053_00403417.jpg
リベットで繋いだベースは、ボルトでフレームに固定する仕組みです。いよいよこの上にオブジェや切り文字が乗っていきます・・・





[PR]
by studiofumine | 2017-05-24 00:45 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

とあるお店の看板制作進行中

f0378053_22275630.jpg
色々と同時進行で制作を進めていますが、現在のメインはとあるお店の看板です。オープンが近いので急がなくてはなりませんが、作業は落ち着いて進めています。


f0378053_22280066.jpg
いつものようにフレームを造るところからのスタート。お馴染みの丸パイプを叩いて角パイプにする作業です。以前にもご紹介していますが、既成の角パイプでは雰囲気が出ないことと、叩いて造る方が丈夫になるので丸パイプを使います。とても時間の掛かる作業ですが、作品ですから妥協はしません。

f0378053_22280773.jpg
ネジ意外には既製品を使いません。金具類も全て手づくりです。


f0378053_22281395.jpg
角パイプに加工したパーツと金具類を溶接して組み上げます。銅は火を掛けると軟らかくなるので、冷却後に叩いて❛かしめ❜なくてはなりません。平行や垂直を確かめながら丁寧にかしめていきます。フレームができたら、次は看板のベースになる銅板を加工していきます・・・



f0378053_22282059.jpg

[PR]
by studiofumine | 2017-05-22 22:50 | 仕事 | Trackback | Comments(0)