人気ブログランキング |
ブログトップ

fumitomochida.diary

stfumine.exblog.jp

タグ:自転車 ( 4 ) タグの人気記事

自転車ができた、そして更に・・・

f0378053_23160695.jpg
自転車が出来上がりました。参考にしたのは1870年製の自転車です。

造る前に色々と迷いました、1950年代前後の自転車も素敵だなと思ったり…。でも古い時代のものにしました。このオブジェは自転車だけでなく、これからカエルが自転車のハンドルを握って乗り出していくような光景に仕上げます。人は未知の世界を知ることに喜びを感じたり、意欲を燃やしたりします。現代においては、この古い自転車は不便なものですが、当時は最新の技術が詰まった発明品だったでしょう。この自転車に希望を託したでしょうね。何かに挑戦するときって、そういう感じですよね。だから古い自転車が良かった。

by studiofumine | 2017-09-12 23:32 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

パーツが揃ってきました。

さて、パーツが揃ってきました。
もう少しパーツを造り足したら、組み上げです!


by studiofumine | 2017-09-11 21:43 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

古い自転車

f0378053_00261216.jpg
前回の記事の二つの輪は、この自転車のタイヤでした。

輪っかモノは繊細さが必要なのですが、銅は柔らかい金属なので、細い線を描くと強度が落ちてしまいます。そのために色々な工夫が必要なんですよね…。でもね、メカは大好きなので、ついつい凝り性が出てしまって…(^^;

by studiofumine | 2017-09-07 23:55 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

自家製本革シート装着のビーチクルーザー

もう何年も前になりますが、
持っていた自転車をカスタムしたくなりまして…
余計なパーツを外し、
アトリエに余っていたバイクのハンドルに付け替えて、
本革のシートを制作しました…。


このシートは英国のBROOKS社のヴィンテージシートを参考に造りました。座板は無く、革のテンションだけで身体を支える構造です。金具類は鉄で、スプリングはステンレス棒で造っています。金具と革を止めるリベットは、錆びることを避けるためにアルミ製のものを使っています。←お尻に錆が付くのが嫌だったので…(^^;


保管がガサツだったので、革もヤレて鉄金具は錆びてしまっていますが、これはこれで良い感じですね。



乗馬の鞍の様にお尻をホールドする形にしていることと、革のテンションだけで身体を受け止めるので、乗り心地はとてもマイルドです。スプリングの太さを変えることで乗り心地を変えることができます。革のテンションだけで身体を支えるシートは、使うほどにお尻のカタチに馴染んでいき、とても心地良いものになっていくのが魅力です。

ビーチクルーザーだからできるこのサイズのシート。このサイズならではのゆったりした乗り心地が味わえます。ちなみにBROOKS社のシートは普通の自転車サイズなので、これに比べればかなりタイトな乗り心地です。

by studiofumine | 2017-07-18 23:27 | バイクと車 | Trackback | Comments(0)